暮らしにまつわる世間の動き

【2019年記念貨幣】「天皇陛下御在位30周年記念」500円貨幣を交換してみました

コインの画像

2019年2月21日から「天皇陛下御在位30周年記念」500円貨幣の引き換えが始まりましたね。ヤフオクでは早くも転売が始まっている様子です。

特にわが家はコレクターでもなんでもないのですが、どの金融機関でも両替できるということで本当に「記念」で記念貨幣を手に入れてみました。

手に入れた感想、、「神々しい!!」です。

記念貨幣を引き換えるのは初めてだったのですが、本当に簡単な手続きで手に入ったので”記念”にレポします♪

もも母ちゃん
もも母ちゃん
まったく並ぶこともありませんでした 

天皇陛下御在位30周年記念貨幣とは?

記念貨幣

財務省ウェブサイトでは「天皇陛下御在位30周年記念五百円バイカラー・クラッド貨幣」と呼ばれています。要するにその名のとおり、天皇陛下御在位30周年を記念するための貨幣ですね。

(参考:財務省 天皇陛下御在位30年記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の引換えを開始します) 

バイカラー・クラッド貨幣というのは、ヨーロッパなどではお馴染みの技術です。異なる種類の金属板をサンドイッチ状に挟み込む「クラッド技術」で出来た円板を、それと異なる金属でできたリングの中にはめこむ「バイカラー」技術を用いて作成した貨幣、偽造防止する技術のひとつです。

硬貨のデザインは、表面に儀装馬車と桐と白樺、裏面に菊花紋章。側面にはギザギザが斜めに入っています。

なお、御在位30周年記念貨幣には500円貨幣と別に、1万円貨幣もあります。これは純金製の金貨、単体でなんと138,000円!デザインは表面が鳳凰と桐と白樺、裏面が菊花紋章です。

1万円金貨の入手方法は、造幣局が行う通信販売のみで金融機関における引き換えはありません。申し込みは既に2018年11月をもって終了しており、当選された人には2019年2月上旬からお知らせが届いているようです。

もも母ちゃん
もも母ちゃん
1万円貨幣に138,000円かぁ…でも当選倍率は18.4倍とのこと

500円記念貨幣の入手方法

各金融機関の窓口で引き換えが可能です。取扱い金融機関は財務省で発表されています。(参考:財務省 天皇陛下御在位30年記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の引換えを開始します) 

私は自宅から最寄りのみずほ銀行の支店で引き換えをしました。引換開始日(2月21日)は、1人につき2枚以内という制限がありました。私は初日ではなかったため、この縛りはなく4枚を引き換えました。

以下、銀行でのやりとりです。

いらっしゃいませ、ご用件は?
もも母ちゃん
もも母ちゃん
記念貨幣の引き換えはやっていますか?? 
承知しました。両替になるのでこちらの書類をお書きください
もも母ちゃん
もも母ちゃん
何枚までいけますか?
本日だと…100枚までなら大丈夫ですね
もも母ちゃん
もも母ちゃん
あ、4枚で大丈夫です… 

書類に両替する硬貨の枚数、住所、氏名を記入し、番号受付機で「両替」の手続きを選択し、呼ばれるのを待ちました。

窓口で書類を渡す際、「記念貨幣で」と申し添えました。その後、2~3分待って記念貨幣を受け取ることができました。

500円記念貨幣のプレミアは?

500円記念貨幣は500万枚と大量に発行されます。また、入手方法も全国の金融機関で簡単に引き換えられます。そのため、プレミアがつくことは考えにくいです。

記念貨幣は過去に何度も発行されています。1999年の御在位10周年記念貨幣は1500万枚発行され、インターネット上で見つかる一般的な買取相場は、額面どおりの500円。ヤフオクでみたところ、500~700円という程度でした。

一方、御在位10周年記念1万円貨幣のプレミアは凄いです。当時の販売価格は41,000円のところ、現在の取引相場は10万円~15万円とのこと。

こうして考えると、今回の御在位30周年記念貨幣も1万円貨幣のプレミアは相当高くつくと考えられますが、500円貨幣のプレミアは考えにくいというわけです。


さいごに 記念貨幣の使い途は?

今回は本当に”記念”で購入しただけですので使用する予定はありません。

もっとも、記念硬貨を使おうと思っても多くの記念硬貨は自動販売機では使えません。コンビニなどの店舗では使えることにはなっていますが、実際はお店毎の対応によってまちまちのようです。おそらくお店のサービス次第によります。

記念貨幣も、通常の貨幣と同様に、使用することができます。ただし、記念貨幣は、いろいろな素材で作られていたり、大きさが異なったりするため、自動販売機などでは使えないことがあります。使用する場合には、お手数ですが、日本銀行や金融機関の窓口で通常の貨幣と引き換えてください。(日本銀行「記念貨幣は実際に使うことができますか?」より)

このように、記念貨幣はあくまでも日常流通する貨幣とは別の「コレクション」としての貨幣として想定されていますから、実際には使いにくいわけですよね。

私もコレクションとしてとりあえず4枚を引き換えてきたのですが、「なんで4枚も…」と既に自分の行動に疑問を持ち始めているところです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました♪